リアボックスをDIYでバイクに取り付け

リアボックスをDIYでバイクに取り付け!荷物が多くても安心

はじめに

収納スペースのないグロムに、格安・大容量のリアボックスを購入しDIYで取付けてみました!!

バイクに乗っていると、荷物がおおいとき困りますよね~。

スクーターならシート下などに少し収納スペースがありますので、ちょっとした買い物の荷物を入れる事ができます。しかし当たり前ですがグロムには、そのような収納スペースがありません。

また雨具(カッパ)をグロムに常備しておくスペースもないため、前日の天気予報は必ず確認してます。
当然、雨具が必要な時はリュックなどに入れて持っていく必要があります。

さぁ、グロムへリアボックスを取付けるてみます!!

グロム現状確認

所有しているグロムの状態を確認しておきます。

モデル年:2015年モデル(パールヒマラヤズホワイト)
車両型式:JC61

という感じです。

リアボックスの取り付け方法

今回購入した商品は、Amazonでベストセラー1位の「リアボックス48L」グロム1型用のアルミリアキャリアです。リアキャリアを購入時はグロムの年式に注意して購入しましょう

created by Rinker
バイクパーツセンター(Bike Parts Center)
¥4,314 (2018/12/12 16:50:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ワールドウォーク(World-walk)
¥5,817 (2018/12/12 16:50:17時点 Amazon調べ-詳細)

リアキャリアの取り付け

まずはリアキャリアをグロムに取付けないと、リアボックスが固定できません。
今回用意したリアキャリア、なぜこの商品にしたかというと「アルミ製ならサビないでしょ!」と思ってそく購入です。

グロムには納車時に、社外品のタンデムバーを付けていましたので、リアキャリアと交換となりタンデムバーはお蔵入りになります。

シートを外して、タンデムバーを固定している4本のボルトを外していきます。6mmのヘキサゴンボルトになってますので、ヘキサゴンレンチで外すのですが、注意が必要なのはリア側の2本を外すときです。

シート下の外すボルト4か所

ボルトを外し取り出すときに、前にある丸パイプの中にボルトを入れてしまうと、ボルトの救出がかなり手こずってしまいます。必ず!!ボルトを外す前に、丸パイプ部分にテープなどを貼って、ボルトが入らない様に蓋をして閉めておきましょう!!

注意する箇所のパイプ穴をふさぐ

ボルト4本を外すとリアのナンバープレートが付いている泥除けが外れますので、片手で保持した状態でリアカウルと泥除けの間にリアキャリアを挟み込み、今外したボルトで固定します。

リアキャリア取り付け直後の写真

シートを取付けたリアキャリア

上から見たリアキャリアの取付位置

後ろから見たリアキャリア

少しリアカウルと泥除けの間が空いてしまいますが、この状態で大丈夫です。

リアボックス用ベース板の取り付け

リアキャリアが取り付け出来たら、リアボックスに付属しているベース板をリアキャリアに取り付けます。

このベース板の位置が前すぎると、グロムのシートを取り外すことが出来なくなりますので、前すぎず後ろすぎない位置に付属の取付ステーとボルト&ナットで取り付けて行きます。

上から見たベース板を取付けた位置

横から見たベース板の取り付け位置

下から見たベース板の取り付けステーの位置

今回はシートの後ろギリギリの位置に取り付けてみました。

リアボックスの取り付け

リアボックス用のベース板が取り付けできたら、あとは簡単です。

リアボックスをはめ込むベース板の位置

リアボックスの前側に大きなツメが2つ付いているので、そのツメをベース板に差し込みます。その後ベース板の後側にある小さなツメをリアボックスに「カチッ」と音がするまで差し込むと固定できます。

リアボックスを取付けたグロム後ろから

まとめ

リアボックスを取付けたグロム横から

リアボックスを取付けたグロム前から

リアボックスの取り付けは、思ったより簡単にする事ができました。

リアボックスが届いた時は、一瞬大きすぎたかと思いました。しかしグロムに取り付けてみると違和感もなく、荷物を載せるスペースのなかったグロムに大容量の荷物スペースができました。

またグロムを運転していても、フラツク事もなく安定しています。

これでいつでも安心してグロムで出かける事ができます。

「いいなぁ」と思ったら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

PREVIOUS
NEXT

こちらの記事もおすすめです


上に戻る