グロムの防寒対策にハンドルカバー購入し取り付けてみた!

グロムの防寒対策にハンドルカバー購入し取り付けてみた!

はじめに

これから益々寒くなってきますので、防寒対策でグロムにハンドルカバーを取り付けてみました。

猛暑の夏が終わって、最近朝晩はめっきり寒くなってきましたね~。
前日のハロウィンパーティーに参加した際に、同じ敷地内にある「ナップス広島」で、かねてより購入を考えていた「ハンドルカバー」が安く売っていましたので、購入してみました。

グロムへの取り付けとハンドルカバーの実力をインプレッションしてみたいと思います。

ハンドルカバーの種類と特徴

今回、ナップル広島で販売していたハンドルカバーは以下の3メーカー(3種類)にお物がありました。

シンプソン製ハンドルカバー

シンプソン製ハンドルカバーは、今回のハンドルカバーの中で一番大きい物でした。

シンプソン製ハンドルカバー

手を入れるところも広く、入口もゴムで閉まるようになっていましたが緩めになっていて、簡単に手の出し入れが出来そうです。取付方法もハンドルにかぶせマジックテープで絞るだけのようで簡単そうです。

カラーが赤と黒、迷彩柄が販売されていました。

 

コミネ製ハンドルカバー

コミネ製ハンドルカバーは、シンプソンに比べると小ぶりな感じです。

手を入れるところは、服の袖口ようなつくりで風などの侵入は防いでくれそうですが手の出し入れは少し手こずりそうです。ハンドルカバー内は起毛状になっていてかなり暖かそうです。

しかしコミネ製のハンドルカバーは、特殊な形をしていて「ミトングローブ」のような形になっています。おのハンドルカバーは、バイクのハンドル部分にミトングローブを取り付けた状態になります。つまりハンドルの操作部(ウインカーやクラクション)はカバーの外にありカバーの親指が入っている部分でカバーごと操作する感じです。

 

OSS製ハンドルカバー

最後のOSS製ハンドルカバーは、コミネ製ハンドルカバーをほぼ同じ形状のものですが、表皮材が「フェイクレザー」調になっているものでした。

シンプソン製とコミネ製で悩みましたが、今回は左右のハンドル周り全体を覆う「シンプソン製ハンドルカバー」を購入しました。

シンプソン製ハンドルカバーの取り付け

今回グロムに購入したハンドルカバーは、「シンプソン製ハンドルカバー」にしました。

購入の決め手は、一番大きかったため手を入れてもハンドルのボタン廻りの操作がしやすいのではと思ったらからです。

「シンプソン製ハンドルカバー」の取り付けは簡単で、ハンドルカバーに付いているマジックテープでハンドルカバーが動かないように固定するだけです。

 

ハンドルカバー右

ハンドルカバー左

まとめ

ハンドルカバーを付けてから数日グロムを運転しているのですが、自分が思った以上にハンドルカバー内でのハンドル周りのボタン操作がしづらいです。

自分の場合、ハンドル周りのボタン操作時に意外と目でボタンを確認してから操作していることが判明しました!だから、ハンドルカバーでボタンが見えないため、一連のボタン操作が少し遅くなるようです。

私のようなタイプの場合、「コミネ製ハンドルカバー」の仕様の方が合っていたようです。日頃の自分のバイクの運転方法が確認できるパーツインプレッションでした。

「いいなぁ」と思ったら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

PREVIOUS
NEXT

こちらの記事もおすすめです


上に戻る