車中泊にあると便利な車中泊マット、家でも大活躍です!

車中泊にあると便利な車中泊マット、家でも大活躍です!

はじめに

車中泊の時に、夜なかなか寝れない事ってありませんか?
少しでも車中泊の時に、快適な睡眠がとれる「おすすめの車中泊グッズ」が「車中泊マット」です。

以前の記事「車中泊グッズで快適な旅を準備!」でも紹介してますが、我が家では車中泊用に「車中泊マット」を購入しています。

最近は、いろんなメーカーから「車中泊マット」が発売されています。そこで今回は「車中泊マット」について色々と調べてみました。

車中泊マットは、大きく分けて以下の2種類に分けられると思います。

  • 自動膨張式バルブ付きマット
  • エアマット

どちらのタイプが、自分のスタイルに合っているのでしょうか?
両タイプの車中泊マットの特徴などを調べてみました。

車中泊マットについて

収納方法

まずは収納スペースに限りがある車中に積み込まないといけませんので、「車中泊マット」の収納方法は気にかけておかないといけません。簡単に収納設置できるものと収納設置に準備が必要なものとがあります。

●自動膨張式バルブ付きマット

簡単に収納設置できるタイプの車中泊マットは、自動膨張式バルブが付いているものが主流です。空気を抜いて小さく圧縮できますので、載せられる荷物に限りがある車中泊には最適です。

準備も簡単で「車中泊マット」の自動膨張式バルブを開いて、少しほって置くと中の低反発ウレタンが膨らみ、自然とマットに空気が入ってくれます。
車中泊マット」の硬さ調整は、バルブから空気を吹き込んで調整できますので、自分の好みの硬さに調整できます。

【Bears Rock】 車中泊 マット キング サイズ ワイド 8cm 段差解消 シングル 自動膨張式 2バルブ マットレス 車 ベッド 宿泊 インフレータブル エアーマット アルファード ヴェルファイア エルグランド ハイエース 来客用 自宅用 軽量 コンパクト 折りたたみ 腰痛

created by Rinker
¥8,800 (2018/12/18 21:38:52時点 楽天市場調べ-詳細)

上の商品は、我が家が購入した「車中泊マット」です。マットの厚みが8cmあり、大きさも200×75cmあるので、ほとんどの方に対応できます。またハイエースのワゴン内装付きにピッタリサイズなので、ハイエース乗りの方にはおススメです。

ハイエースのワゴン内装車にはピッタリのサイズ感です。

ちなみに下の「車中泊マット」は、上記のタイプの通常サイズで厚みは8cmと変わりませんが、大きさが190×65cmと小さめでミニバンに乗っている方におススメのサイズです。

枕がないとダメ!な方は、上記の「車中泊マット」がおススメです。エアーピロー一体式の車中泊マット!

●エアマット

準備が必要なタイプの車中泊マットは、よくあるエアマットと同じでマットの中にポンプなどを使って空気を入れて膨らますタイプになります。
膨らますまで少し準備(労力)が必要になりますし、寝心地もフワフワした感じになります。柔らかい布団が好きな方は、こちらのタイプが良いかもしれません。
あと穴が開いてしまうと、使えなくなってしまいますので取り扱いにも注意が必要です。

上記はクイーンサイズのエアーマット。膨らますためのエアーポンプとピロー(枕)が付いてます。車中泊の際は、エアーポンプの積み忘れに注意です。

上記は、エアーポンプ一体式のエアーマットです。一体式ならエアーポンプの積み忘れの心配がないので安心です。

大きさについて

自動膨張式「車中泊マット」は、基本シングルサイズのマットが主流で、ダブルサイズにする場合は、シングルを2個用意して間で連結できる様になっています。
マットの長さは190cm位のマットが増えてきてますので、どんな方でもはみ出る事は無いと思います。
またマットの厚みは3cm、5cm、8cm、10cmと設定されていますので。好みに厚みを探せます。ちなみに厚みが増すと収納時に大きくなりますので注意が必要です。

最近の自動膨張式の「車中泊マット」はピロー付き(マクラ)が、多く販売されてますので更に寝心地が良くなっていると思いますよ。

あとメーカーによってカラーバリエーションが豊富なので、自分の好みに合った「車中泊マット」を選ぶ事ができます。

 

エアマットは、良く家庭用で売っているマットと同じで、ポンプなどを使用して膨らませるタイプになります。専用のポンプや電源などが必要で、寝床を作るまで少し作業が必要になります。

大きさもシングル、ダブルサイズが主流のマットになります。マットの厚みは空気の入れ方で変更できます。

あと色は無難なカラーしか販売されていない様です。

価格

両タイプの「車中泊マット」共に、サイズなどの仕様により、価格もまちまちです。

自動膨張式マット場合、2000円〜9000円位。
エアマット場合、3000円〜9000円位。

が、メイン価格帯になっているようです。

まとめ

自分に最適な「車中泊マット」を選ぶには、「車中泊マット」の用途をちゃんと考えてサイズ(大きさ、厚み)を決め、収納方法(自動膨張式バルブ付、エアポンプ式)を確認し、価格で決定するのがベストな選び方になるんじゃないでしょうか。

我が家では、「車中泊マット」を車中泊以外でも活用してます。
家の中で「簡易のごろ寝マット」として大活躍中!!
車中泊マット」は、収納場所も選ばず、使いたい時に簡単に取り出せるので重宝してます。

「いいなぁ」と思ったら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

PREVIOUS
NEXT

こちらの記事もおすすめです


上に戻る