2000円台の寝袋って使えるの?実際に買って使ってみたよ!

2000円台の寝袋って使えるの?実際に買って使ってみたよ!

【格安寝袋】購入したわけ

2018年の年末に開催された『Amazonサイバーマンデー』で、2000円代の【格安寝袋】を買ってみました。

いままでの車中泊は、車中泊用のエアーマットと普段使用している毛布やタオルケットを車に積んで行っていました。しかし狭い車内だとけっこう場所取るし毎回積み下ろししないといけないので手間だったんですよね。毛布などが汚れた場合もきになるし!
一度、毛布などを積み忘れて車中泊に出たことがあり、近くのホームセンターで購入した事などもあります。
「いずれは寝袋を購入しよう!」と、前々から思っていましたのでちょうどよい機会でした。

でも、いきなり本格的で高額な寝袋を買う勇気もないので、失敗してもダメージの少ない【格安寝袋】を探すことに。そこで年末の『Amazonサイバーマンデーセール』で安い寝袋が出ないかと確認していたら、2000円代の【格安寝袋】を見つけましたので購入してみました。
当初の予定では、年明け国内入荷して出荷される予定でしたが、後日、年内配達できるとAmazonより連絡あり無事年内に届きました。

2000円代の【格安寝袋】は、本当に寝袋として使えるのか?今回の寝袋購入は、成功か!失敗か!商品紹介と使用感をお伝えします。

2000円代の【格安寝袋】の正体は!?

シュラフ
今回購入した寝袋は「WIBERTA(ウィベルタ)シュラフ 軽量 封筒型 丸洗い可能 最低使用温度-15度」のカラー迷彩色、オレンジ色を各1色づつ購入しました。



今回の「Amazonサイバーマンデー」では、「WIBERTA(ウィベルタ)シュラフ」のオレンジ色が2,000円、迷彩色が2,980円で購入することができました。通常の販売価格も3,480円(by Amazon)と安く、はじめて寝袋としては導入しやすい商品だと思います。

WIBERTA(ウィベルタ)のシュラフの

購入前にネット検索で「WIBERTA(ウィベルタ)のシュラフ」についての評価なども確認済みです。
すべてを承知した上で届いた【格安寝袋】を開封してみると、思ったより軽く・小さいなっと思いました。(実は思った通りで安心しました。)

事前のネット検索では、Amazonのタイトルおよび、商品説明欄に記載されている『最低使用温度-15度』は、この寝袋の大きさや仕様では無理である事が掲載されていました。
実際、寒い時期に「WIBERTA(ウィベルタ)のシュラフ」を使用した感想を載せているサイトがあり、上下防寒着の着用とインナーシュラフを使用していました。

ほんらい『最低使用温度-15度』対応している寝袋は、大きくて重量感があるそうです。

ネット検索で「WIBERTA(ウィベルタ)のシュラフ」を実際使用した方の感想で、「車中泊での使用はおすすめです!」と書かれていたので今回購入を決意しまいた。

実際「WIBERTA(ウィベルタ)のシュラフ」に入ってみると肌触りも良くて暖かいのですが、全体的に中綿の量が少なく薄いように感じました。とくに背中側は、キャンプ用エアマットなどを引かないと地面からの「硬さ」と「寒さ」がつたわってきてしまうと思います。

我が家で【格安寝袋】購入の最大メリットは、これだ!!

今回購入した寝袋の車中泊デビューは、まだ少し先になりそうです。(今、車中泊予定がないんですよね。)しかし自宅で使用した限りでは、車中泊の際には大活躍してくれること間違いなしだと思います。

シュラフの実力を自宅で検証中です
自宅での使用方法は、シュラフを広げて毛布の上にかけて寝てみました。

今回寝袋を購入して最大のメリットは、車内の有効スペースをかせげた事と荷物の削減ができた事となりそうです。

我が家の【格安寝袋】購入は、ひとまず『成功?!』ですね!!

「いいなぁ」と思ったら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

PREVIOUS
NEXT

こちらの記事もおすすめです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


上に戻る